占いはいい事だけを信じる

雑誌やネットに掲載されている占いは、いい事も悪い事も書いてあります。占い師によって言っている内容が違ったり、占い方法でまた変わってきたりと混乱しがちです。しかし、あふれる情報の中で自分でいい情報だけを抜き取り信じる様にすれば、自然と悪い事は起きなくなります。占いはそういった事を気付かせてくれるとてもいい題材です。

占いは人生を見つめるきっかけになる

雑誌でも、街でも、テレビでも。我々の日常生活には、占いがあふれている。それだけ、占いを必要としている、そして占いが大好きな人が多いのだろう。私も、占いは大好きだ。よい結果はそのまま信じ、悪い結果は注意すべき事柄として受け止めている。占いをしているとき、私は自分の人生をわずかではあるが見つめている。自分について考える時間があることは、良いことだと思う。